2008年08月15日

良縁を授けると云われています「皆鶴姫の碑」(みなづるひめのひ)写真UPしました。

良縁を授けると云われています「皆鶴姫の碑」(みなづるひめのひ)写真UPしました。

河東町藤倉集落の東に、源義経と皆鶴姫の悲恋物語を伝える碑があります。 皆鶴姫(みなづるひめ)は『義経記』に登場する鬼一法眼(兵法師)の義理の娘です。 平家打倒を願う義経は、鬼一法眼の兵法書を学ぶために、皆鶴姫に近づき恋仲になり、義経は兵法書をひそかに写し取ることに成功しますが、平清盛に気づかれ奥州へ逃げます。姫は、義経の後を慕って藤倉まで来ますが、追いつけないと知り、難波池に身を投げてしまいます。義経は、磐梯町の大寺でこれを知り姫を池のほとりに葬って墓を築いたとされます。 義経に再会できず空しいままなくなった皆鶴姫は、他の人にはこのような別離の気持ちを味合わせたくないとして、参詣する人に良縁を授けると今日でも信じられています。
所在地 会津若松市河東町倉橋字藤倉 (集落の東側)
以上あいづ観光情報館より引用させていただきました。

写真上でクリックすると拡大写真になります。

皆鶴姫の碑
皆鶴姫の碑

e80815.2.JPG

e80815.3.JPG

皆鶴姫の碑 説明  e80815.5.JPG  e80815.6.JPG

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へにほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログへ
ぽちっと応援よろしくお願い致します m(_ _)m


鶴ヶ城定点写真

天守閣南西側
南西側より撮影

天守閣東側
東側より撮影

天守閣南東側
南東側より撮影

天守閣南側
南側より撮影

天守閣西側
西側より撮影




ごはんの後はゴロゴロゴロゴロ いいのか〜 猫

おまけ

連日の猛暑続きで参ってしまいますが、雨上がりに紫陽花が咲いていました。この時期に元気です。

まだまだ元気 紫陽花
まだまだ元気な 紫陽花

本日のお濠
本日のお濠






posted by 幸幸 at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。