2009年01月06日

上杉景勝の築城による神指城跡の写真UPしました。もちろん 直江兼続ゆかりの地です。

上杉景勝の築城による神指城跡の写真UPしました。もちろん
直江兼続ゆかりの地です。


神指城は、上杉景勝の築城です。慶長4年(1599)会津120万石へ国替となった上杉景勝は、居城である鶴ヶ城が小田山に近く、守りに不安があったため、周囲が開けており大川の水を利用できる神指原の地に築城を始めました。
 築城は慶長5年(1600)2月から始まり、12万人を動員し昼夜兼行の突貫工事で進められました。しかし、この築城工事が徳川家康に上杉征伐の口実を与え、数ヵ月後の6月10日、会津征伐が間近に迫ったことから、工事が中止されました。 
 徳川家康が上杉討伐のため伏見を出たのは、6月16日。それを待っていたかのように石田三成ら西軍が兵をあげ、家康は、小山(栃木県)から江戸へ引き返し、9月15日の関ヶ原合戦を迎えます。しかし、関ヶ原合戦で西軍は敗れたため、西軍の一翼を担っていた上杉景勝は、米沢30万石に国替となりました。神指城はそのまま破棄されたまま、現在にいたります。 
 面積は鶴ヶ城の2倍の55ha。完成すれば奥州を代表する巨大城郭が出現するはずだった神指城ですが、現在は二の丸の一部と本丸跡をわずかに残すのみです。

写真上でクリックすると拡大写真になります

神指城跡
神指城跡

神指城跡説明
神指城跡説明

e90106.3.JPG

08年6月17日の写真です
08年6月17日の写真です。比べて見て下さい。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へにほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログへ
ぽちっと応援よろしくお願い致します m(_ _)m


鶴ヶ城定点写真

天守閣南西側
南西側より撮影

天守閣東側
東側より撮影

天守閣南東側
南東側より撮影

天守閣南側
南側より撮影

天守閣西側
西側より撮影








ネットで簡単!制作費無料名刺はVistaPrint





これはまさに【夢のようなツール】です(笑)

【無料】鬼キーワードアドバイスツール

たったの1秒で、「検索回数が多くてライバルサイト数が少ない」

稼げるキーワードを探せます(笑)だから、ネットビジネス初心者でも

【ほったらかし】で稼げるキーワードを【あっ】という間に探せます!


posted by 幸幸 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。