2009年03月20日

平成21年3月20日(金)春分の日・会津彼岸獅子写真UPしました。

平成21年3月20日(金)春分の日・会津彼岸獅子写真UPしました。

獅子舞を見ると春だな〜と思います。

会津彼岸獅子の由来
 会津彼岸獅子は、天喜四年(西暦1056年)前九年の役に源義家が安倍貞任を征討の際、士卒の戦死者を弔い、士気を鼓舞するため、従軍の兵卒に笛太鼓の勇壮な調子に合わせて舞をさせたのが起源で、当時は木彫の獅子頭をかぶって踊ったと言われています。
 今でも木流村にある頭はその類であるが、現在のものは大体張子になりました。
 今から約300年(天正二年・西暦1573年)前、会津一円に悪疫が流行し死者数知れぬ惨禍があった時に、主な社寺に獅子舞を奉納し平癒を祈願したところ次第に終息したと言う。
 折しも春彼岸であったために彼岸獅子と呼ぶようになったと伝えられています。

 寛永二十年(西暦1643年)に保科正之公が出羽の国「最上」(今の山形県)から会津藩主として移封された時、獅子を先頭にして若松城に入城し、大いに士気を鼓舞したと伝えられています。

 また、戊辰の役(西暦1868年)のこと、日光口の総督「山川大蔵」が帰城する際、小松の獅子団を先頭に大楽団を組織し、威風堂々と銃列を敷く敵中を行進して城中に入るという話はあまりにも有名です。

会津若松観光物産協会HPより引用させていただきました。


写真上でクリックすると拡大写真になります。

会津若松市役所正面
会津若松市役所正面

小松獅子団
小松獅子団

e90320.3.JPG  e90320.4.JPG

e90320.5.JPG

e90320.6.JPG e90320.7.JPG e90320.8.JPG

e90320.9.JPG

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へにほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログへ
ぽちっと応援よろしくお願い致します m(_ _)m

  


ラベル:彼岸獅子
posted by 幸幸 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。